1日に摂るべき水分の量はどれくらい必要?

7割が海でできている地球に住んでいる生き物は、
体の作りも地球と同じように大半が水でできています。
もちろん私たち人間も例外ではありません。
そんな人間にとって重要な水分を1日にどのくらいとるのが良いのでしょうか。

人間は尿や汗など目に見えるものから体内の血液循環、
腸の働きのためなど目に見えないものまで普段生活している中で、
あらゆる場面において水分を失い、
飲み物としての水分と食事に含まれる水分によって体内に水分を摂取しています。

もちろん飲料水にコーヒーやアルコールが含まれていると排尿が増えるので、
その分多く水分を補給しないといけませんし、
汗を掻きやすい体質であればやはり水分補給量は増やしたほうが良いでしょう。

体重によって体内の水分が変わってきますので、一概にはあてはまりにくいですが、
一般的に一日に2Lを目標に水分補給をすれば十分と言われています。

しかし、これは2Lペットボトル1本分なので、
かなりきついことが想像に難くないと思います。

ですから朝起きて午前中、午後から夕方、
夜とそれぞれに500mlのペットボトルを空けることを目標としてみてください。

それに、3食の食事中の水分補給で、
1日の水分補給目標である2Lはすぐにクリアできると思います。
水分は摂り過ぎてもトイレに行く回数が増えるくらいで害はなく、
むしろ肌や腸内の動きも良くなり、便秘改善にもつながるので、
意識的に水分を取ることを心掛け、
体内の大半を占める水分の大切さを意識しながら生活することをお勧めします。

そして、その時の水は水道水ではなく、ウォーターサーバーの衛生的な水が良いでしょう。

PAGETOP