ウォーターサーバーを水で選ぶ時のポイント

ウォーターサーバーを置くことを決めてどこの会社にしようか調べていると
会社によって選べる飲料水の水の違いに気付くと思います。
この水の違いに会社のこだわりがあらわれています。

これは製造過程の違いによって表われてくる違いで、
その中のひとつが、天然水とRO膜水の違いです。
天然水はペットボトルのCMでも見ることがあるのでなんとなくわかるかもしれませんが
「RO膜水」というのは初めて聞く人も多いかと思います。
天然水は皆さんが思っているとおり天然の水です。

正確に言うと採取した水をろ過、加熱殺菌などで不純物をとって
他には特に手を加えていない水となっています。
RO膜水とは超極小孔フィルターを使用している水のことです。

これを使うことによって普通のろ過では取りきれない
極めて小さな不純物まで取り除くことができるので
限りなく純水に近づけることができるのです。

この両者の違いは、天然水は天然に近いこともあり
ミネラルなど天然成分も残っているのですが
RO膜水は安全、衛生を突き詰める分飲んでも安全な成分も全てろ過してしまうので
特に何も味はしないのです。

天然水とRO膜水のどちらが良くて、どちらを選ぶべきかは飲む人によって
好みや必要としている物がちがうので断定はできません。

なるべく自然に近いものを味わいたいのであれば天然水が適していますし、
水を飲んで楽しむよりも人体に有害なものをできるだけ取り除いて
安全のものを使いたいと考えている人にはRO膜水が良いと言えます。

PAGETOP