ボトルの特徴|ウォーターサーバーを衛生面で選ぶ

ウォーターサーバーは毎日使うものですから
せっかく水を安全でキレイなものにしていても
本体の衛生面で問題があると意味がありません。

ウォーターサーバーの容器には会社によって
大きく「リターナブルボトル」と「ワンウェイ」の2種類に分けることができます。
空気中には目に見えない埃や塵、ウイルス、細菌など
無数にありこれらを含む外気に触れてしまうと雑菌が水の中に入り込んでしまいます。

ウォーターサーバーの水は業者が水をろ過したりすることによって
これら雑菌を取り除いた水を家庭で使用するために宅配されており、
水を使用しているうちにボトルの中の水が
空気に触れることがない作りになっているかどうかを確かめる必要があります。

従来のリターナルボトルはボトルごとの回収なので
ゴミが出ず環境にもよくキレイなボトルが毎回使えるところは良いのですが、
水が減っていくと空いたスペースに空気がどうしても入ってしまうので
雑菌が入ってしまうことも避けられません。

しかし繰り返し使えることは非常に良いことなのですが、
使用されている素材が問題視されており
外国においては使用禁止となっている国もあり、
日本でも厚生労働省が注意喚起をしています。

最近では、ワンウェイでは従来のボトルに比べ
空気が入りにくいつくりとなっており衛生面は保たれています。

ただし使い捨てのボトルとなっているために環境にとっては
ゴミが出てしまうことは避けられません。
両方とも一長一短はありますが、
健康のために行っている方もいると思うのでワンウェイ方式を選ぶことをお勧めします。

PAGETOP